水素関連部品

  • HOME
  • 水素関連部品
 
 

加速する水素社会実現に向けた取り組み
低炭素化社会、エネルギーセキュリティ向上のため、水素社会実現に向けて急速に取り組みが進んでいます。
当社では、水素ステーションなど、超高圧環境下で使用される部品の製造に取り組んでおります。

 
 

水素ステーションに使用される部品の多くは、高圧ガス保安法に基づき設計されており、特徴として超高圧環境下にさらされるためにJISG4303 SUS316 ニッケル当量28.5以上、絞り75%以上の特殊材料や、SUH660などの難削材です。
当社では、自社工場による生産実績があり、かつミルシート管理やトレーサビリティ対応も可能です。

 
 

YAMANEJIの強み

 
 

1,難削材加工における豊富な加工実績

YAMANEJIではSUS316高ニッケル材やSUH660などを使用した水素ステーション用部品や、タービン向けインコネル・ハステロイ材の加工にも対応。
また、素材調達においても独自ネットワークを活かした一括調達が可能であり、ミルシート内容の精査、管理、トレーサビリティ体制も完備。
電力インフラやその他社会インフラ向けの豊富な加工・納入実績があります。

SUS316(Ni28.5) ALLOY718(インコネル719) ALLOYX750 (インコネルX751 )
 
 

2,さまざまな加工機による万全の生産体制

NC旋盤、マシニングセンタ、放電加工機、転造機など40台を超える加工機があり、最適な納入体制を構築しております。
当工場の加工実績は、原子力プラントをはじめ厳格な管理体制が求められる社会インフラ部品をメインに製造していることから部品ごとに生産工程を確立しております。

 
 

3,高品質な製品を裏付ける品質保証体制

すでに高圧ガス大臣認定部品の供給体制を保有しており、電力プラント、化学プラント、その他重要保安部品の製造工場として
多くの大手企業様の認定をいただいております。また、お客様による工場監査も毎年実施されており、ご安心いただける部品供給サービスを提供しております。

 
 
 
 

4,永続性のある部品供給サービスのご提供

お客様の調達課題の解決のために設備投資も含めたご相談がございましたら是非お声がけください。
町工場の事業継続問題の受け皿として、製造業の部品供給の永続性においても重要視しており、工場には多くの若手社員がベテラン社員の指導の元、技術継承を推進しております。